理学療法学科

学科長挨拶

理学療法学科長
藤原 雅弘
当学院では、入学生の皆さんが理学療法士として活躍できるよう、カリキュラム以外にも様々なプログラムを組んでいます。理学療法士として活躍するためにはその資質が問われます。資格は必要ですが、それに伴う資質は最も重要であると考えています。学生には、患者さんはもとよりスタッフからも信頼されるよりよい理学療法士になって欲しいと願っています。そのために担任を中心に教員が学生一人一人に対しより個別的な指導をしています。もちろん、学生の悩みなどについても相談をします。また、当学院には附属病院が併設してあり、より実践的な教育が出来ると自負しています。私たちとハートある理学療法士を目指しましょう!

理学療法科のポイント

授業紹介

JW Player goes here
授業名
解剖学
授業名
名誉学院長 清家隆介
授業名
医学の知識の基礎となる解剖学。座学だけでなく骨標本を実際に触れて確かめることも多く取り入れています。解剖実習では命の尊さを知り、医学の知識は幅広いものに。
JW Player goes here
授業名
理学療法技術論等
授業名
理学療法学科 各教官
授業名
触診、テーピング、最新機器を用いた講義など、専門性に特化した講義です。
こんな授業も行なっています!

理学療法技術論(テーピング)

セミナー(障害体験)

評価学

初級障害者スポーツ指導員の資格取得認定校です!
☆初級障がい者スポーツ指導員とは?
障害のある人々のスポーツ振興や多様な障がい者のスポーツ活動に対応するため専門的な知識を活かし、 安全にスポーツ活動の援助を行うことにより、スポーツを通じて障がい者のQOL(生活の質)向上に寄与します。

セミナー(障がい者スポーツ)

(役割)
1. 地域に活動する18歳以上の指導者で、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対し、
スポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援する者。
2. 障害の基本内容を理解し、スポーツの導入に必要な基本的知識・技術を身に付け、
実践にあたっては、健康や安全管理を重視した指導ができる者。
3. 地域の大会や行事に参加すると共に、指導者組織の事業にも積極的に参加するなど
地域の障がい者スポーツの振興を支える者。

障がい者スポーツ指導員取得者の活動事例
学校 障がい者生活支援施設 病院
民間スポーツクラブ デイケア施設 リハセンター
一般体育施設 就労施設 更正援護施設
障がい者スポーツ施設 民間作業施設 保育施設・保護施設 等

3年間の流れ

英語、心理学、物理学、化学、統計学、教育学、保健体育など一般科目
解剖学、生理学、運動学、人間発達学など医学の基礎となる講義や、整形外科学、内科学、リハビリテーション概論など、より専門的分野
理学療法評価学・技術論、運動療法各論、日常生活動作学、義肢学、装具学、物理療法など理学療法に特化した分野
実習
見学実習
理学療法業務の理解を深め、職種の特徴を認識。
評価実習
習得した評価・検査を臨床で体験し、学習効果↑。
臨床実習
臨床現場で、基本的理学療法を学び実践する。

タイムテーブル

 
1 理学療法技術論Ⅰ 運動療法総論 運動療法各論Ⅱ 理学療法評価法Ⅱ 物理療法 生活環境論
(隔週)
2 理学療法技術論Ⅰ 運動療法各論Ⅰ 脳神経外科学 理学療法評価法Ⅱ 物理療法 神経内科学
(隔週)
3 臨床運動学 職業倫理学 セミナー 整形外科学 精神医学 -
4 日常生活活動 内科学 セミナー 耳鼻科学 装具学

※上記時間割は一例です。内容が変更になる場合があります。

設備紹介

水治療室

機能訓練室

動作分析装置

理学療法科についてもっとよく知る

Copyright©2016 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.