学生ボイス

在校生

麻生 恭平
学科名
理学療法学科
入学年度
令和2年度
出身高校
松山東高校
理学療法士になろうと思った理由
人の役に立ちたいと思ったからです。
また、患者様の人生に関わる責任感のある理学療法士の仕事に魅力を感じたからです。
十全を選んだ理由
大学の理学療法学科に通っていましたが、大学での勉強が自分に合っていなかったので退学しました。一度は諦めた目標を達成するために、より厳しい環境に身を置きたいと思い、十全に入学しました。
実際の講義を受けてみて
先生方が臨床現場での注意事項を教えてくださるので、3年後、自分が患者様を担当する姿をイメージする機会が多いです。日々の講義が将来の患者様のためになると思い、集中して講義に臨んでいます。
学院の印象
勉強で分からないことがあれば、先生にすぐ聞ける環境が整っています。放課後も残って自習している学生が多く、その日に習った内容を復習したり、課題に取り組むなどして、有意義な時間を過ごしています。また、学院祭や学外活動で先輩達と交流を深めることができます。
クラスメイトについて
お互いに勉強を教え合い、切磋琢磨しています。
勉強面だけでなく、休日はサッカーや野球をして、リフレッシュしながら“やるときはやる”とメリハリのある生活を送っています。
将来の夢
自分にできることと、できないことを見極めて、自分のなりたい理学療法士像に近づきたいです。また、高校卒業から始めたクライミングに関わりたいと思っています。
仕事以外の場でも様々な場面でサポートをしていきたいです。
受験生にメッセージ
入学直後は、慣れない専門用語の勉強に戸惑うかもしれませんが、先生・先輩・同級生のサポートを得て、努力すれば乗り越えられると思います。十全を選んで間違いなかったと思っています。十全で実りある学院生活を送りましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.