学生ボイス

在校生

柿内 翔輝
学科名
作業療法学科
入学年度
平成31年度
出身高校
松山商業高校
作業療法士になろうと思った理由
骨折した時に作業療法士の方にリハビリをしてもったことがきっかけです。その際に作業療法士の仕事や魅力などを聞いて自分もこの道を歩んでみたいと思いました。
十全を選んだ理由
3年間のカリキュラムで知識や技術を学べ、実習も充実していること。夢を叶えるにあたって、このうえなく良い環境だと思い受験しました。国家資格を取得するため、苦難を覚悟で入学を決めましたが、日々の取り組みが夢に繋がっていると実感が持て、この道で間違いがなかったと確信しています。
実際の講義を受けてみて
熱心な先生方が楽しく講義してくださるので、最初は長いと感じていた100分間の講義もすぐに慣れ、毎日楽しく学ぶことができています。
学院の印象
集中して勉学に取り組める環境はもちろん、様々な行事もあり、楽しい学院生活が送れています。
クラスメイトについて
同じ夢を持つ人達が近くにいるのはすごく心強いです。クラスの中には現役生だけでなく社会人経験がある人もいるので個性が強く、様々な人達との出会いは自分を広く深く成長させてくれます。
将来の夢
「未だに明かされていないことに自分自身で取り組み、夢を与えられる人になること」が僕の夢です。作業療法を通して、僕にしか伝えられないことを伝えていきたいです。
受験生にメッセージ
この世には、まだ出番のない光がたくさん散らばっています。自分の力はこのくらいと思わず、夢見たものを現実に変えるために共にがんばりましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.