学生ボイス

在校生

山岡 迅矢
学科名
理学療法学科
入学年度
平成30年度
出身高校
小松高校
理学療法士になろうと思った理由
 高校生の時に、膝の手術を受け、その時にお世話になった理学療法士の方に憧れたからです。お話しをさせていただいた時にすごくやりがいのある仕事だと思いました。
 また、理学療法士の方は優しく、コミュニケーション能力も高く、信頼される方なので私も担当いただいた方のような理学療法士になりたいと思い志望しました。
十全を選んだ理由
 実際に愛媛十全医療学院の附属病院でリハビリテーションを受けたこともあり、施設の充実さを実感でき、先生方も優しく、楽しくリハビリテーションを行うことができたからです。
 また、オープンキャンパスで話しを聞いたときに、解剖実習や附属病院での実習もあり、貴重な体験ができると思ったからです。
実際の講義を受けてみて
 100分の授業は最初は慣れなくて大変でしたが、徐々に慣れてきました。先生方もすごく熱心に教えて下さり、良い授業が受けられています。
学院の印象
 先生や先輩方も優しく、挨拶もしっかりしてくれ、勉強も教えてくれます。
 また、学外活動や学院祭、ボランティア活動等も充実しています。ボランティアに参加することで、地域の方と触れ合うことができ、コミュニケーション能力の向上も図れます。
 また、学院の施設も骨標本や図書室の資料もたくさんあり、とても環境が揃っています。
クラスメイトについて
 明るく楽しく、個性の強いクラスですが、分からないことは教え合い、一致団結して日々勉強に励んでいます。
将来の夢
 高校生の時にお世話になった理学療法士の方のように優しく、気遣いもでき、信頼される理学療法士になりたいです。
受験生にメッセージ
 私は一人暮らしをしていますが、日常生活も心配なく生活することができ、困った時は一人暮らしの人たちで助け合いながら乗り越えています。
 受験生の皆さんは、入学した時に勉強で困らないようにしっかりと勉強に励んで下さい。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.