学生ボイス

卒業生

今崎 亜衣
卒業学科名
作業療法学科
卒業年度
平成30年度
就職先
平成脳神経外科病院
作業療法士になろうと思った理由
 私は小さい頃からものを作ることが得意でした。その特技を活かしてできる仕事はないかと探していた時に作業療法士を見つけました。様々な作業を患者さんにリハビリテーションとして提供することで、精神的にも身体的にも回復していくことができ、退院後の日常生活や社会復帰を考えながらサポートできるところに魅力を感じました。
愛媛十全医療学院を選んだ理由
 他の学校では経験できない解剖実習を経験できることや、国家試験合格率、就職率の高さに魅力を感じました。
 また、附属病院が隣接しており、普段からより身近に臨床の様子を感じることのできるところにも魅力を感じました。
学院での思い出
 なんでも話せる友達ができたことが一番の思い出です。高校と違うことは、クラス全員が同じ目標に向かって勉強ができることです。そのため、クラス全員で助け合って勉強することができ、辛いことも乗り越えることができました。卒業しても何かあれば相談したいと思っています。
受験生へのメッセージ
 高校の時に比べて、自分の興味がある分野なので楽しみながら勉強をすることができます。臨床実習も特別な学習環境であり、座学だけでは学べない患者さんとの関わりや、臨床に出ている先生からの指導など、作業療法士になるために大切なことをたくさん学ぶことができます!
 仲間と励まし合いながら三年間を乗り越えてください!応援しています。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.