学生ボイス

在校生

藏田 純夏
学科名
作業療法学科
入学年度
平成29年度
出身高校
松山商業高校
作業療法士になろうと思った理由
 高校2年生の時に、親の勧めで十全のことを知りました。
 作業療法士は、身体面の治療だけでなく、精神面をサポートし社会復帰まで支えることができるところに魅力を感じました。
十全を選んだ理由
 全国でも数少ない人体解剖実習の行える養成校であり、より深く知識を得ることができると思ったからです。
 また、オープンキャンパスに参加し、先生方や在校生の方と話したり、体験を行うことで、この学院で学びたいと思ったからです。
実際の講義を受けてみて
 私は、普通科出身ではなかったので、授業についていけるのか不安でした。実際に専門知識が多く、覚えることもたくさんありますが、新しいことを1つ1つ知ることができるのは楽しいです。
学院の印象
 勉強は厳しいですが、体育大会や学院祭など行事にもとても力が入っています。
 また、先生方や先輩との距離も近く、相談しやすい環境です。
クラスメイトについて
 年齢層が幅広いので、話しを通して色々な考え方を知ることができます。
 また、同じ作業療法士になるという目標を掲げ頑張っています。
将来の夢
 高度な知識や技術を身につけ、患者様の知識を理解し、信頼される作業療法士になることです。
受験生に一言
 3年間という短期間での勉強はとても大変ですが、皆が「作業療法士になる」という同じ目標を持っているので、どんなに辛くても頑張ることができます。
 毎日、新しいことを知ることができ、とても充実しています。この十全医療学院で一緒に頑張りましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.