学生ボイス

在校生

清水 麻美
学科名
理学療法学科
入学年度
平成29年度
出身校
松山中央高校
理学療法士になろうと思った理由
 高校生の時に、手術後のリハビリテーションを理学療法士の方にしていただいたことがきっかけです。早く部活動に復帰したいと気持ちばかり焦る私に、どのリハビリテーションプログラムが今後のプレーで必要になるかを教えて下さったり、少しでも前向きになれるような声かけをしていただき、毎日リハビリテーションの時間がとても楽しみになりました。
 私も困っている人が次のステップに進むのに寄り添い、後押しできるような仕事がしたいと思い、理学療法士を目指しました。
十全を選んだ理由
 解剖実習や附属病院での実習など、その他にもたくさんの充実したカリキュラムがあると知り、より多くの技術や知識を身につけたいと思ったからです。
実際の講義を受けてみて
 100分の授業は大変ですが、学ぶことが多くなるにつれて興味がわいてきたり、他の授業との関連付けができるようになり、毎日の授業がとても楽しいです。
学院の印象
 勉強に取り組みやすい環境が整っています。カリキュラムは忙しいですが、学外活動や学院祭などの行事やボランティアなどの課外活動も充実しており、医療職を目指す上でたくさんのことを経験できます。
クラスメイトについて
 年齢や性別関係なく、同じ夢を目指す仲間として切磋琢磨しあえる良いメンバーです。
 勉強面でも、分からないところを教え合ったり、テスト前に問題を出し合ったりして、みんなで頑張っています。
将来の夢
 患者様一人ひとりに向き合い、その人に合ったリハビリテーションのできる理学療法士になりたいです。そのためには、知識や技術はもちろんのこと、良い信頼関係を築くことも大切だと思うので、学院生活の中で人とのつき合い方も意識したいと思います。
受験生に一言
 受験のことや入学してからの勉強のことで不安だらけだと思いますが、理学療法士になるという強い気持ちがあれば、3年間が有意義なものになると思います。
 一緒に夢の実現を目指して頑張りましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.