学生ボイス

卒業生

栗原 健太朗
卒業学科名
作業療法学科
卒業年度
平成29年度
就職先
済生会今治第二病院
作業療法士になろうと思った理由
 高校時代にリハビリテーションに対して興味を持ち、インターネットを通して作業療法士のことを知りました。作業療法士は身体機能面の回復だけでなく、実際の生活場面を想定して訓練することや精神面に対して働きかけることが分かりました。作業療法士の仕事が自分に向いているのではないかと考えて愛媛十全医療学院を受験しました。
十全を選んだ理由
 他校では経験できない人体解剖実習があり、実際に筋肉や骨を自分の目で見ることができます。また、他校と比べて国家試験の合格率が高く、授業のカリキュラムも充実していたので志望しました。
学院での思い出
 解剖実習や臨床実習を経験し、自分の知識、技術の向上を実感することができました。また、勉強だけでなく学院祭や体育祭などの行事もあり、クラスのみんなと楽しく学院生活を送ることができました。
受験生へのメッセージ
 私自身は勉強に関して全く自信が無く、勉強についていけるか不安でしたが、授業で分からないことはクラスメイトに聞いたり、担任の先生に聞くことで理解することができました。勉強した内容は臨床の現場で役立つことばかりです。授業をしっかり理解し、クラスの仲間と切磋琢磨しながら励みましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.