学生ボイス

卒業生

坂本 奈津子
卒業学科名
作業療法学科
卒業年度
平成29年度
就職先
大洲記念病院
作業療法士になろうと思った理由
 幼少期に肘関節を骨折し、作業療法士のリハビリテーションを受けたことがきっかけです。肘の痛みや生活の不自由さから泣いたり、落ち込んだりすることが何度もありました。そんな折に担当の作業療法士が日常生活を想定したリハビリテーションやアドバイスをしてくれました。また私や家族の話に耳を傾けてくださり、精神的な支えになりました。幼いながらに憧れを抱くようになり、作業療法士になることを目指しました。
愛媛十全医療学院を選んだ理由
 3年という短い期間で国家資格を取得し臨床現場で働くことができます。また全国でも数少ない解剖実習を行えることや国家試験の合格率が高いこと、附属病院が隣接していて、入学直後から臨床現場を間近で見ることができることは魅力だと思いました。
学院での思い出
 座学だけでなく、体育祭や学院祭等のイベントもあり、学院全体で楽しむことができました。また、ボランティア活動もたくさんあり、学外で患者さんと関われる機会が多いです。楽しみながらコミュニケーションのスキルアップを図ることができました。
受験生へのメッセージ
 入学前は「愛媛十全医療学院は勉強が難しくて大変そう」と感じていました。しかし、作業療法士になりたいという同じ目標を持ったクラスメイトと一緒に勉強することで、「楽しい」と感じながら学院生活を過ごすことができました。
 新しい知識や技術を学び、臨床実習では人とのつながりの大切さを学ぶことができます。とても充実した3年間になります。愛媛十全医療学院で夢をかなえられるように頑張ってください!先輩として応援しています!

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.