学生ボイス

卒業生

篠原 巧
卒業学科名
理学療法学科
卒業年度
平成29年度 
就職先
大阪医科薬科大学附属病院
理学療法士になろうと思った理由
 高校の部活動中にケガをして、理学療法士の方にお世話になったことがきっかけです。シーズン中で復帰に対して焦りを感じていましたが、理学療法士の方にケガの状態や身体構造、正しい動き方、今後の課題など丁寧に説明していただき、安心して治療に望むことができました。この経験から患者様に安心してもらえるような治療を行える理学療法士になりたいと思いました。
愛媛十全医療学院を選んだ理由
 カリキュラムの中に人体の解剖実習や附属病院での評価実習があり、座学だけでなく質の高い知識と技術を学ぶことができると思いました。また就職率100%で学生のサポート体制が充実していたことから、愛媛十全医療学院を受験しました。
学院での思い出
 3年生で経験した臨床実習のことが最も印象に残っています。実際の臨床実習でしか学べない患者様との関わり方や技術を学ぶことができました。また患者様を担当させていただく中で、責任感や思考力を養うことができました。臨床実習を通して、自分の目指す理学療法士像が明確になり、理想像に近づけるように努力したいと思うようになりました。
受験生へのメッセージ
 愛媛十全医療学院での3年間は一般の大学生とは違い規則が厳しかったり、学習面に苦しむこともあると思います。しかし、3年間で学ぶ知識や技術は確かなものとなり、将来への大きな財産となります。体育祭や学院祭などの行事もあり楽しい思い出も作ることができました。同じ志を持つクラスメイトと手を取り合いながら、理学療法士になるという目標に向かって頑張って下さい。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.