学生ボイス

卒業生

石丸 悠花
卒業学科名
理学療法学科
卒業年度
平成29年度
就職先
松山市民病院
理学療法士になろうと思った理由
中学生のときに、入院していた祖父のリハビリテーションを見学したことがきっかけです。初めは歩くこともままならなかった祖父が、自宅復帰できる程度に回復できた様子を見て、リハビリテーションの重要さと、理学療法士という職業に対する憧れを強く感じました。
愛媛十全医療学院を選んだ理由
愛媛県内の養成校の中で、最も歴史が長く、信頼できると感じたからです。愛媛大学での解剖実習や、隣接している附属病院での院内実習、県内・県外の各病院での臨床実習等、机上の勉強に加えて、実際に経験して学ぶことのできるカリキュラムもあり、愛媛十全医療学院なら、私の目指す理学療法士に近づけると思い受験しました。
学院での思い出
3年生における、半年間の臨床実習は、大変なこともありましたが、それ以上に得る物が多く、とても良い経験でした。患者様や病院の先生、他の学校の実習生等多くの方々との出会いに刺激を受け、たくさんのことが学べたと共に、自分自信成長することができた半年間だったと思います。
受験生へのメッセージ
愛媛十全医療学院での生活は、遊んでばかりいられないので、大変ではありますが、充実しています。勉強は、クラスメイトと協力して共に頑張って下さい!学院生活は、大変なことばかりではなく、たくさんの楽しい思い出もできるので、愛媛十全医療学院で実りある3年間を過ごしてみてください。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.