学生ボイス

在校生

渡部 孝祐
学科名
理学療法学科
入学年度
平成28年度
出身高校
松山聖陵高校
理学療法士になろうと思った理由
私は一度社会人として働いていました。働いている中で直接人の役に立ち胸を張れる仕事がしたいと考えるようになりました。理学療法士は傷害により苦しんでいる人に寄り添う、やりがいのある職業であり、自己実現をするため、目指そうと思いました。
十全を選んだ理由
愛媛十全医療学院は附属病院が隣接しており、臨床現場で活躍している先生が教員として指導してくださるため、実践的で生きた知識と技術を習得できると考えたからです。
実際の講義を受けてみて
私は愛媛十全医療学院に入学するまでは勉強が苦手で講義についていけるか不安でした。しかし、実際に講義を受けてみると、身近にある身体の構造や働きの学習をする事は非常に興味深く、難しくはありますが毎日楽しく学習しています。
学院の印象
とにかく学習する環境が整っています。講義でわからない所は担任、副担任の先生がサポートしてくださいますし、学院全体の雰囲気も国家試験という目標に向かって良い緊張感にあると思います。また、医療人として必要な事を、生活面でも指導して頂ける有り難い環境だと思います。
クラスメイトについて
現役の学生が多く、私とは一回り以上歳が離れている学生が多いですが、クラスメイトはそれを感じさせないくらいフレンドリーで、とても楽しい学院生活を送れています。また、学業面でも助け合って一つ一つ乗り越えているため団結力があります。
将来の夢
患者さんに「リハビリしてもらって良かった」と思っていただける、臨床で生かせる知識や技術を持った理学療法士になりたいです。
受験生に一言
勉強が苦手で躊躇している方や、やっていけるか自信が無いという方もいらっしゃると思いますが、挑戦の気持ちがあれば充実した学生生活を送れると思います。理学療法士を目指す気持ちのある方は一緒に挑戦しましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.