学生ボイス

在校生

越智 拓也
学科名
作業療法学科
入学年度
平成28年度
出身高校
西条高校
作業療法士になろうと思った理由
大学4年生の就職活動の時期に、患者様の好きなこと、やりたいことを支えることが治療につながるという作業療法士という職業を知り、魅力を感じました。大学の同期の大半が銀行などの金融業に内定を決める中で、自分は作業療法士になりたいと強く感じ、目指すことを決めました。
十全を選んだ理由
歴史と伝統があり、入学前に何度か見学した際、この学院なら自分が成長できると思ったからです。また、3年制で就職も早くできることや附属病院を併設している環境も愛媛十全医療学院を選んだ理由の一つです。
実際の講義を受けてみて
主に人間の体や心について学習しています。専門的で難しい内容もありますが、一つ一つ理解していくにつれ、とても楽しいと感じるようになりました。自分が興味がある分野について学べる充実感から、今では毎日の講義が楽しみです。
学院の印象
担任の先生をはじめ先生と学生の距離が近く、何か相談があればいつも熱心に聞いてくれます。また、先輩との関係も強く、いつも質問に快く答えてくれます。明るく温かい環境の中で、学院生活が送れています。
クラスメイトについて
私は大学を卒業してすぐ愛媛十全医療学院に入学しましたが、年の差関係なく接してくれるので、すぐにクラスに馴染むことができ毎日が楽しく充実しています。
将来の夢
リハビリテーションを通して、患者様の心からの笑顔を引き出せるような作業療法士になりたいです。患者様が退院して、どこかで再会したときに、最高の笑顔で声を掛けてもらえるようになる事が私の夢です。
受験生に一言
毎日の勉強が大変ですが、学習の環境はこの上なく整っていると思います。社会人を経て入学を考えている方、作業療法学科は特に社会人経験のある方も多く在籍しています。方向転換が不安に感じる方もおられると思います。しかし、自分の強い意志と周囲の強いサポートがあれば、きっと大丈夫です。是非一緒に作業療法士を目指して頑張りましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.