学生ボイス

在校生

山﨑 南
学科名
作業療法学科
入学年度
平成28年度
出身高校
松山中央高校
作業療法士になろうと思った理由
将来、障がいのある子どもと関わる仕事がしたいという夢があり、高校3年のときに作業療法士を知りました。体だけでなく心のケアも行うことができるところに魅力を感じました。
十全を選んだ理由
国家試験合格率と就職内定率がほぼ100%の実績と周りからの評判もとても良かったからです。
また、オープンキャンパスに参加したときに、講義体験や在校生の方に学院生活などたくさん話を聞いて私もこの学院で学びたいと思いました。
実際の講義を受けてみて
覚えることがたくさんあり大変ですが、人間の体についてなど自分が興味のあることばかりなので、意欲的に取り組むことができています。
学院の印象
医学系の勉強は大変ですが、講義科目の中に作業療法の治療に使われる織物作りや不要の広告紙を使って籠を作るなどの活動もあり、とても楽しいです。
クラスメイトについて
クラスメイト全員が作業療法士になるという目標を持っているため仲間意識が高く、夢に向かって頑張っています。また、社会人経験者や大学卒業生の方もいるため様々な面で良い刺激になります。
将来の夢
作業療法士として子どもの障がい者に関わる領域で作業活動ができるように、知識や技術だけでなく、子どもや母親からも信頼してもらえる作業療法士になることです。
受験生に一言
「心と体のリハビリテーション」を行う作業療法士は高齢社会を支える専門職としてとても重要視されています。ぜひ、愛媛十全医療学院で一緒に「作業」や「活動」を用いた治療ができる作業療法士を目指しましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.