学生ボイス

卒業生

塩﨑 真旭
卒業学科名
理学療法学科
卒業年度
平成28年度
就職先
大阪赤十字病院
理学療法士になろうと思った理由
中学校の時に、術後のリハビリテーションで理学療法士の方にお世話になったことがきっかけです。早く部活動に復帰したいと焦ったり、不安な気持ちだった私に、術後の膝の状態や身体の仕組み、リハビリテーションの必要性について丁寧に話しをして下さり、機能の回復と患者様の気持ちに寄り添うことのできる理学療法士に強い憧れと魅力を感じました。
十全を選んだ理由
愛媛県内の養成校の中でも長い歴史のある学院で、解剖実習や附属病院での院内実習など、この学院でしか行うことのできないカリキュラムが構成されており、質の高い知識や技術を学ぶことができると思い、愛媛十全医療学院を受験しました。また、就職活動や国家試験に対してのサポートが充実していたことも選択した理由の一つです。
学院での思い出
3年生で経験した臨床実習が最も印象に残っています。実際の臨床の場でたくさんの患者様と関わらせて頂き、更に新しい知識や技術を学び、人と人とのつながりの大切さを改めて実感する中で、患者様を担当させて頂くことに対しての責任感を強く感じた半年間でした。また、クラスメイトや先生方からの励ましの言葉がとても心強く、本当に支えられました。
受験生に一言
愛媛十全医療学院での3年間は、大学生との違いや日々の勉学に苦しむこともあると思います。しかし、この学院での様々な経験は、必ず自分自身を成長させてくれます。学院生活は勉学ばかりではなく、体育祭や学院祭などの楽しい行事もたくさんあります。同じ目標をもった仲間と協力し、お互いに高め合いながら、愛媛十全医療学院でぜひ夢を叶えて下さい!!

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.