学生ボイス

在校生

日鷹 里恵
学科名
理学療法学科
入学年度
平成27年度
出身高校
松山北高校
理学療法士になろうと思った理由
私はサッカーをしていて、よく怪我をしていました。そんな時にチームのトレーナーに怪我のケアだけでなく、心のケアもしていただき理学療法士という職業に魅力を感じました。私はスポーツが大好きなので、スポーツマンをサポートすることができる理学療法士という職業を選びました。
十全を選んだ理由
私が通っているサッカークラブのトレーナーが十全を卒業した理学療法士でした。私はその先生を目標にしているので、その先生のところで学びたいと思い十全を選びました。また、医療系の勉強を3年間で学ぶという厳しいスケジュールの中でも、スポーツ大会や学院祭があり、メリハリのついた学院生活を送れると思いました。
実際に講義を受けてみて
最初は100分(高校時の倍)という長さになかなかついていけませんでしたが、自分が興味を持つ職業に関連することなので、新しい発見が多く、日に日に真剣に取り組むようになりました。あっという間に100分が過ぎてしまうということが増えてきました。
学院の印象
病院が隣接していることで、患者様や多くの理学療法士の方と会う機会が多いです。勉強が難しくて先が見えなくなっても、理学療法士の姿や病院の様子を見ると頑張れます。先輩も親しく関わってくださるので、とても良い環境です。
クラスメイトについて
同じ目標に向かって勉強している仲間なので、団結力があり男女、年齢関係なくみんな仲が良いです。
将来の夢
ただ患者様に対して知識や技術をぶつける理学療法士ではなく、患者様1人1人に合った身体的、精神的ケアのできる理学療法士になることです。将来はスポーツ(希望はサッカー)を教えながら、選手の障害予防や怪我・心のサポートをしたいと考えています。また、障害のある方と一緒にサッカーをしたことが、とても楽しかった記憶から学院でとれる障害者スポーツ指導員の免許を取得し、それを活かしていきたいと思っています。
受験生に一言
「十全って勉強がしんどいって聞くな~」という不安はあるかもしれません。でも、理想の理学療法士像を持ち続けていれば大丈夫です。受験では自分の理学療法士に対する想いをぶつけて下さい!!

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.