学生ボイス

卒業生

髙岡 祐士
卒業学科名
理学療法学科
卒業年度
平成28年度
出身高校
松山工業高校
理学療法士になろうと思った理由
小学生の頃からバスケットボールをしていて、よく怪我をしていました。リハビリテーションや治療をしてもらった時に理学療法士やスポーツトレーナーという職業を知りました。将来もずっとスポーツに関わっていきたいという気持ちもあって理学療法士になりたいと思い、この道を選びました。
十全を選んだ理由
附属病院が併設され、実践的な授業を受けることができ、また、3年制で他校より1年早く現場で活躍できることと、先生方のきめ細かいご指導と高い国家試験の合格率、就職率を誇る十全で、理学療法士になる夢を必ず叶えたいと思ったからです。そして、十全では、人体解剖実習もあり、レベルの高い知識と技術を身につけることができるという、信頼があったからです。
実際の講義を受けてみて
高校の時よりも1コマの時間が長く、最初は長いなと感じていましたが、医学について学ぶことに楽しさを感じ、気にならなくなりました。医学の勉強は簡単ではありませんが、毎日多くの知識を得ることができるので楽しいです。
学院の印象
勉強は難しいですが、クラスメイトや先輩や先生方が、とてもわかりやすく説明して下さるので、諦めず勉強についていくことができます。また、勉強ばかりではなく、行事など盛り上がるので楽しむことができます。
クラスメイトについて
とても明るく、毎日とてもにぎやかなクラスです。クラスメイトどうしで勉強を教え合ったり、切磋琢磨し合ったりしながら、一つの目標に向かって頑張っています。何か困ったときなど、一番身近で支えてくれる大切な存在です。3年間クラス替えがないのでこれから更に絆が深まると思います。
将来の夢
それぞれの患者様にあったリハビリテーションができ、身体も心も両方ケアできる理学療法士になりたいと考えています。もっと先の話になりますが、スポーツトレーナーとしての活動も視野にいれています。
受験生に一言
勉強についていけるかな。3年間頑張れるかな。受験がドキドキする。など多くの心配や不安を抱えていると思います。自分も受験前は同じでした。確かに勉強はとても大変で楽ではありませんが、理学療法士になりたいという夢があると思います。どんなことがあってもその夢を叶えたいと思う気持ちがあれば、厳しい道のりでも一歩ずつ進むことができると思うので、夢に向かって共に頑張りましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.