学生ボイス

卒業生

安宅 真菜美
卒業学科名
作業療法学科
卒業年度
平成25年度
現在の勤務先
鼓ヶ浦こども医療福祉センター
作業療法士になろうと思った理由
妹が障がいを持って産まれたことをきっかけに、障がいを持ったお子さんと関わる機会が増えました。その経験から、私は人の役に立てるような仕事に就きたいと思うようになりました。
そんな時に妹の付き添いで病院に行き、療法士さんと出会いました。療法士さんの仕事ぶりや私たち家族に接してくれる姿を見て、患者さんだけでなく家族の方とも深く関わることのできる仕事だと思い作業療法士を目指しました。
十全を選んだ理由
県内では数少ない伝統ある学校で、国家試験合格率・就職率ともに高く、安心して勉強に励めると思いました。また、全国で卒業生が活躍しており、臨床実習では先輩方に優しく指導していただけるので大変心強いです。
学院での思い出
学院祭や体育祭などでクラスで団結して行う行事があり、すぐにクラスに馴染むことができました。その団結力を活かしてクラスメイトと共に勉強していく姿勢が芽生えました。
受験生に一言
作業療法士は人の役に立つことができるやりがいのある仕事です。人との関わりの中で、自分自身も成長することができます。一緒に作業療法士として頑張りましょう。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.