学生ボイス

卒業生

八倉 由佳
卒業学科名
理学療法学科
卒業年度
平成27年度
出身高校
松山商業高校
理学療法士になろうと思った理由
私の身内が重病を患っており、「痛い」という言葉が口癖でした。車椅子生活になりましたが、「もう一度、自分の足で歩きたい」という強い夢を抱いていました。その様子を幼い頃から見ていた私は、少しでも手助けをしたいと思い、理学療法士の道へ進みました。
十全を選んだ理由
高度な技術・知識を得ることができ、「十全へ入学したら、立派な理学療法士になれる」という大きな信頼と確信がありました。
また、身内が十全附属病院にお世話になっており、勉学・人間性・信頼性など、良い印象が強かったからです。
実際の講義を受けてみて
「医学」を学ぶということは自分が想像している以上に難しいものでした。
しかし、講義を受けていくうちに、「医療人」になれるという自覚が目芽え、日々新しい発見、知識の習得があり、楽しさを感じています。
学院の印象
 クラスメイト・先輩・先生方と、とても話しやすく、特に先輩のアドバイスや先生方のサポートは心強いです。
 また、病院が隣接しており、患者様と触れ合える機会があるので、良い刺激をもらっていると感じています。
クラスメイトについて
とても仲が良いです。同じ目標を持っているということが大きいと思います。一人のためにクラスが力を合わせたり、みんなで休みの日にスポーツをしたり、様々な面でクラスの団結を感じ、毎日笑顔が絶えません。クラスメイトは、辛い時、手を差しのべてくれる、大切な存在です。
将来の夢
一人でも多くの患者様、ご家族に笑顔になってもらえる、そして信頼を持ってもらえる理学療法士になりたいです。
受験生に一言
今、様々な面で不安を抱えていると思います。確かに、勉強は簡単なものではありません。
しかし、大変だからこそ得られるものは大きく、私は「十全に入学して良かった」と強く思っています。
同じ夢に向かって一緒に頑張りましょう!

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.