学生ボイス

卒業生

岡本 望
卒業学科名
理学療法学科
卒業年度
平成23年度
出身高校(出身大学)
宇和島東高校
臨床実習について
臨床実習では県外を含めて3カ所の病院や施設に行ってきました。場所によっては課題数が多いところもありましたが、国家試験の勉強を始めて、指導者の先生に言われていたことが今、すごく役に立っています。
実際に担当させていただいた患者さんは協力的で、私に進んで実習を担当する様、頼んでくれる人もいました。指導者の先生にはまず患者さんと仲良くなるところから始めるように言われて、空き時間には患者さんとよく話をしていました。実習の最終日に、私が担当させていただいた手の不自由な患者さんから手紙をいただいた時はとても嬉しかったです。
3年間を振り返って
一番大変だったのは臨床実習です。学年を重ねるにつれて講義が大変でした。でも、一緒に理学療法士を目指す40人のクラスメイトと支え合ってここまでこれたので、それも3年間の思い出の一つです。
将来どういう理学療法士になりたいか
働き始めてすぐは自分にできることは限られていると思うけど、患者さんが一緒に頑張ろうと思ってもらえるような明るくて・楽しい雰囲気のセラピストを目指したいです。
受験生に一言
入学してからの勉強も大変で、座学だけだと、理学療法士にどう繋がっていくのか、ピンと来ませんでした。でも実習に出て行くことで、今まで学んでいたことが全部繋がってきます。理学療法士になるために十全で学んだことをすべて活かせることができます。これから理学療法士を目指す方、興味がある方はぜひ頑張って下さい。

Copyright©2011 Ehime Juzen School of Allied Medical Professions All Rights Reserved.